(大志 藤井聡太のいる時代)修業編:14 三段リーグ、プロ入り争いは最終戦へ

有料記事

[PR]

 2016年9月3日。いつもの土曜日とは違い、将棋会館東京都渋谷区)には午前中から報道陣が詰めかけていた。「史上最年少棋士」の記録が62年ぶりに更新されるかどうか、大きな関心を集めていた。

 成績上位2人がプロ入りできる、棋士養成機関「奨励(しょうれい)会」の三段リーグ戦の最終日。午前と午後の2戦…

この記事は有料記事です。残り707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る