[PR]

 無職 池ケ谷春雄(静岡県 84)

 僕ら子どもは「静岡みたいに小さい街に空襲なんかないらあ」などと話し、ビー玉遊びに興じていた。赤や黄、緑や水色の花模様入りのビー玉は特別美しかった。

 東京大空襲後、6年生になった僕は、ビー玉をガラス瓶に入れ、庭の泰山木の根元に埋めた。空襲で家が焼かれても、ビー玉…

この記事は有料会員記事です。残り266文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも