[PR]

「お母さん、ちょっと来て」と呼ばれたスタッフの胸には、〈田辺(母)〉という名札が付いていた。

 たとえ名札がなくても二人が母娘だというのは、一目でわかる。ひっつめのポニーテールに大ぶりな眼鏡――目鼻立ちも含めて、二人は「現在」と「三十年後」のようにそっくりだったのだ。

「母は、和泉台文庫ができたとき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも