[PR]

 最近のニュースからのクイズです。Q1の( )は電動の垂直離着陸機を使う都市交通。Q2の( )は災害時の行動を時系列で整理しておく計画です。

 Q1 空を行き来する都市交通「( )」構想を掲げる米配車大手のウーバー・テクノロジーズが、日本での試験飛行を検討している。同社航空部門責任者が、日本での事業は「チャンスとみている」と話した。同社は電動の垂直離着陸機を使い、市街地と空港などを結ぶ事業を2023年に始める構想を掲げている。

 Q2 台風や豪雨などの水害の危険が迫った時、自治体や住民が取るべき行動を事前に決めておく( )。国土交通省が2021年度までの策定を求めている1161市町村のうち、策定を終えたのは429市町村だったことがわかった。( )は、自治体がいつ避難所を開設し、避難情報を出すのかなどを時系列で具体的に整理した計画。

 【答え】Q1空飛ぶタクシー Q2防災行動計画(タイムライン)

 (朝日新聞東京本社で発行した9月2日付朝刊最終版記事から作成)

こんなニュースも