[PR]

 ツイッターを始めたきっかけは、2009年の雑誌「週刊プレイボーイ」(集英社)の企画ですね。「ツイート=つぶやき」だから、と。「発売日までやってくれたら、ありがたいです」と言われたので、「そこまでならやれるかな」と思いながら続けて……今に至ります。

 「あるあるネタ」を、「一日ひとつぶ(やき)」って自分に課しているわけです。フォロワーが増えちゃうと、なんかやめづらい。「やめるときは、あいさつするのかな、どうしようかな」とうだうだしていたら9年経ちました。

 自分に対して「お笑い(芸人)なんだから、1日1個くらいネタを考えなさいよ」と、負荷をかけているところがある。「ネタ番組あんまないし、呼ばれないんだから。金にもなんないけど、とりあえずやりなさいよ」と。毎日腕立て(伏せ)を10回やる人とかいるじゃないですか。そんな感じです。

 フォロワー数は100万近く。ただ、俺自身は「やめづらいな」ってだけで、フォロワーはそんなに気にしてないんですよ。言いっ放しなんで。一方通行で申し訳ないです。

 最初はリツイートも見ていました。でも悪口も来るし、全然見なくなりました。こっちは顔を出してやっていて、そうじゃない人の相手をしてもしょうがない。時間の無駄で、見ないのが一番だと思います。

 僕は寝るとき、スマホの電源を切ります。みんなにびっくりされるんですよ。俺は逆に「え、電源切らないの?」って思う。緊急ならパソコンのメールや家の電話もあるし。切るっていいですよ。「もう受け付けません」「自分の時間です」って。

 ツイッターでフォローしている人はいません。他のSNSもやっていません。そんなにつながりたいですか? つながりすぎてしんどいって悩んでる人もいる。リセットの日を作ったらいいと思うんです。「1回整理しませんか?」って。何か自分の役に立つかもしれないからってつなげておく、その欲がトラブルのもとですよ。

 リツイートの数も振り返らないです。悪口を書いてくる人もいるけれど、「物言わぬ支持者」がいるのが常。何も押さない人、リツイートもしない人がほとんどで、その「物言わぬ支持者」を俺は支持するから、押す人という狭い中の数字は、どうってことない。その評価が標本調査だとも思わないですね。(聞き手・荻原千明)

     *

 つぶやきしろー お笑い芸人 1971年、栃木県出身。94年にホリプロお笑いオーディションに合格。栃木弁でぼそぼそとつぶやく芸で知られ、「イカと醤油(しょうゆ)」などの著書もある。

こんなニュースも