[PR]

 最終第7戦となる東京大会最終日は東京武道館で個人、団体の全14階級の決勝などが行われ、男子の形で世界王者の喜友名(きゆな)諒(劉衛流龍鳳会)が個人、団体の2冠に輝いた。個人は今季4勝目で初の年間王者も獲得した。組手では、84キロ超級でワールドゲームズ王者香川幸允(テアトルアカデミー)が初優勝した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも