[PR]

 甲州印伝といえば、柔らかな鹿革に漆で様々な柄をつけた工芸品だ。記者もトンボ柄の名刺入れを愛用している。漆は長く輝きを保ち、風合いを増す。この技法は、甲州印伝の代表的な「漆付け」といい、1582(天正10)年に創業した「印傳(いんでん)屋上原勇七」(甲府市)の遠祖上原勇七が江戸期に考案した。

 本社…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも