(声)セピア色の紙面に今昔を思う

有料記事

[PR]

 介護パート 池口澄子(大分県 78)

 知り合いから「あんたにあげたら使ってくれるから」と、紺色の布地を頂いた。私は針と布で小物をつくるのが大好きで、季節ごとの作品を部屋に飾る。

 布地を包んでいた新聞はセピア色に変色していた。広げると1959年12月22日の日付。結婚する前年の新聞である。59年…

この記事は有料記事です。残り152文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!