[PR]

 今年がデビュー15周年のピアニスト松永貴志=写真。17歳でCDデビュー、2枚目はジャズの名門レーベル「ブルーノート」から全米リリースされ、一気に世界へ駆け上がりました。公演ではベートーベン「第九」、ボレロなどのクラシック曲ほか、ジャズ、アニメやJポップの名曲から最新オリジナル曲まで、ジャズの枠にとどまらないピアノの多彩な表現を披露します。安カ川大樹(ベース)、広瀬潤次(ドラムス)が共演します。

 ◇12月21日[金]午後7時、東京の浜離宮朝日ホール。全席指定5500円。発売中。問い合わせは、朝日ホール・チケットセンター(03・3267・9990、[日][祝]除く午前10~午後6時)か朝日ホールHP

 (朝日新聞社ほか主催)

こんなニュースも