[PR]

 戦後日本の政治とアメリカには深い関わりがあります。大衆レベルでの親米感覚に注目して日本の近代や戦後天皇制を論じてきた東大教授の吉見俊哉さんと、その議論に大きな影響を受けた京都精華大講師の白井聡さん=写真。ともに日本の中のアメリカをめぐって考察してきた2人が、平成の終わりを前に日本の政治的無意識とアメリカの関わりを問い直します。

 ◇21日[日]午後1時~2時30分。参加費4320円。会場は新宿住友ビル。問い合わせ、申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも