[PR]

 思い出の中で最後まで消えないのは、特にこれといったこともないような一場面、突き詰めれば一瞬のしぐさや何気(なにげ)ない一言なのかも

 (北村薫)

    ◇

 高校を舞台とした推理小説『秋の花』から。誰かのことを思う時、さりげない仕草(しぐさ)や口ぶりが「くじ引きの器械を回してたまたまコロリと出て…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも