[PR]

 何度も聴いた曲なのに、こんな歌詞だったのかと思うことがある。シンガー・ソングライター、松任谷由実さんが男女の別れを描いた「翳(かげ)りゆく部屋」。〈どんな運命が愛を遠ざけたの/輝きはもどらない/わたしが今死んでも〉。今死んでも?▼破局の末の自死の匂い。他の人が詞を書いたなら、もっと重苦しく、湿っぽ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも