[PR]

 福島第一原発事故をめぐり、東京電力の旧経営陣3人が強制起訴された裁判は被告人質問が始まり、審理の山場を迎えた。16日は、元副社長の武藤栄被告が質問に答え、津波対策をめぐる「報告・了承」や「先送り」を否定。武藤氏の判断を「予想しない結論」「方針変更」と受け止めた元部下たちの証言と対立する構図となった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも