[PR]

 奈良市の興福寺で17日、年に1度の法要「大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)」にあわせ、境内の南円堂(なんえんどう)が特別開扉された。堂内には、鎌倉時代の著名な仏師運慶(うんけい)の父、康慶(こうけい)が作ったとされる国宝の本尊が安置されてきたが、今回からは同じく康慶の作とされる国重要文…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも