[PR]

 認知症になる人やひとり暮らしが増える時代に、国は医療費を抑えようと「在宅」での医療や介護を推進する。望んだ最期、幸せな看取(みと)り。実現できるのか。

 ■「おうち」で死ねる社会に 上野千鶴子さん(社会学者)

 現場を歩いてきた経験から断言しますが、施設や病院に進んで入りたいお年寄りはいません…

この記事は有料会員記事です。残り3466文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも