[PR]

 研究費の「選択と集中」が進む現状を、どうみるべきか。研究者や組織同士を競わせる「競争政策」の功罪は――。日本の研究力の低下をめぐって、国立大学協会会長で京都大総長の山極寿一さんと、国の予算をあずかる財務省主計局次長の神田真人さんに、考えを聞いた。(聞き手 嘉幡久敬、小宮山亮磨)

 ■道諦める若手…

この記事は有料会員記事です。残り2680文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも