[PR]

 イタリア南部で移民・難民を積極的に受け入れてきた村の村長が17日、裁判所に村外追放を命じられた。村長の職は続けられるが、村内の立ち入りには裁判所の許可が必要になるという。

 追放処分を受けたのは、リアーチェ村のドメニコ・ルカーノ村長(60)で、不法移民を助長した疑いで自宅拘禁になっていた。村は中東…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも