[PR]

 ■日用の美、伝える温かさ

 名もなき職人がつくった日用雑器に宿る美を、思想家の柳宗悦が見いだしたのは大正時代末のこと。90年以上が経ち、いま再び「民芸」に注目が集まっています。

 鳥取が、民芸運動の重要な拠点だったことをご存じでしょうか。柳が掲げた理念に共鳴した一人に、鳥取市の耳鼻科医、吉田璋也(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも