[PR]

 ■歌人・馬場あき子

 《1955年、初めての歌集『早笛』を出版。序文は国文学者で歌人、新作能も手がけた土岐善麿に頼んだ》

 能の稽古でよく会っていた土岐さんが「いいよ」と引き受けてくれた。ところが窪田章一郎先生が真っ青になった。序文は窪田空穂(うつぼ)が書くことになっていたというの。土岐さんは空…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも