[PR]

 中国の2018年7~9月期の国内総生産(GDP)は、物価変動を除く実質で6・5%増(速報)となり、4~6月期より0・2ポイント減速した。米中貿易紛争の影響が生産に出てきた模様で、リーマン・ショック直後の09年1~3月期以来の低水準となった。政府は景気を左右する消費への影響を防ごうとマインドの維持に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも