[PR]

 健康機器メーカーのタニタが、東京大学や岡山市の医療機関などと連携し、ビッグデータを生かしたヘルスケア事業を始める。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発症リスクを「見える化」するなど、個人の健康情報のデータベースをもとにしたビジネスをめざす。

 企業の健康づくり支援などで集めた80万人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも