(大志 藤井聡太のいる時代)修業編:15 史上最年少棋士、快進撃への通過点

有料記事

[PR]

 「将棋界の歴史が変わるかどうかが、かかっている」

 2016年9月3日。棋士養成機関「奨励(しょうれい)会」の三段リーグ戦で、当時14歳の藤井聡太(そうた)と最終戦を戦っていた西山朋佳(ともか)は、そんな重圧を感じていた。

 29人の三段のうち、成績上位2人がプロになれる。聡太は午前の1局目に敗れ…

この記事は有料記事です。残り669文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る