[PR]

 川幡(かわはた)一郎さんは横浜線開通7年前の1901年、後に片倉駅ができる場所にあった家で生まれた。養蚕を営む一家は鉄道敷設に伴い線路の北側に移った。81年と85年、「片倉物語」「続片倉物語」を著した。

 農家の暮らしや地域の言い伝え、冠婚葬祭、線路脇で遊んだ少年時代や養蚕組合の思い出、住民の寄付…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも