(評・音楽)新国立劇場・モーツァルト「魔笛」 視線の抗争、降りしきる問い

有料会員記事

[PR]

 新国立劇場モーツァルトの歌劇「魔笛」を新制作した(13日、新国立劇場)。ウィリアム・ケントリッジの演出が強烈。「魔笛」は二つの勢力が争う物語。一方は賢者ザラストロと僧侶たち。男ばかり。もう一方は夜の女王と侍女たち。女ばかり。

 両者の対立を、ケントリッジは映像を駆使して視線の抗争として描く。ザラ…

この記事は有料会員記事です。残り608文字有料会員になると続きをお読みいただけます。