[PR]

 食卓にあがるサンマやイワシは、広い大海原のどこを泳いできたのだろうか。そんな魚の「旅路」を推定する手法を開発したと、東京大大気海洋研究所などのチームが国際専門誌に発表した。

 大気海洋研の大学院生、坂本達也さん(26)らは、魚の頭部の「耳石(じせき)」に注目した。炭酸カルシウムが主成分の耳石は、水…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも