(声)治療以上のサービス気がかり

有料会員記事

[PR]

 会社員 長島友香理(東京都 32)

 28歳の時、鎖骨を骨折し外科手術を受けた。手術室で全身麻酔がかけられるまで、作業一つひとつに関する丁寧な説明と、患部以外の肌が極力露出しないようにするなどのきめ細かい気遣いを受けた。だが「かゆい所はございませんか」とでも聞いてもらえそうな状況に違和感を覚えた…

この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。