[PR]

 内戦下のシリアで3年4カ月にわたり、イスラム過激派組織に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、帰国した。

 行方不明になったのは15年6月。翌年、安田さんとみられる男性が助けを求める動画がインターネット上に投稿され、安否が心配されていた。

 独房で24時間身動きできず、寝ている間に体が動いてもいけない。解放後に安田さんが語った拘束の厳しさは、想像を絶する。無事に戻れたことを、心から喜びたい。

 紛争地に入り、そこに生きる人びとの声を報じるのはジャーナリストの重要な責務である。ミサイルや銃弾が飛び交い、子どもらまでもが傷つく戦争の悲惨な現実を、第三者の立場から公正に伝える。そのために、各国の記者は使命感をもって危険な取材にあたっている。

 報道だけではない。人道支援にあたる国際機関やNPOのメンバーも、現地で苦しむ人々を支えようと活動を続けている。

 自らの安全は自ら守るのが原則だが、どれだけ周到に準備しても、ときに危険な状況に陥ることはある。それが紛争地の現実であり、どの国の政府も自国民の保護には最大限の責任を負う。当然のことだ。

 安倍首相は解放に協力したカタールとトルコの首脳に謝意を伝えた。ただ、日本政府の対応と解放に至った経緯には、まだ不明な点が多い。

 すべての情報開示は難しいだろう。だとしても、政府がテロ対策強化のため、15年末に発足させた官邸直轄の「国際テロ情報収集ユニット」がどう機能したのかなど、できる限り経過を明らかにし、今後の対応にいかさねばならない。

 このタイミングで解放された背景については、さまざまな見方がある。

 シリア内戦の戦況変化やサウジアラビアの記者殺害事件の影響はもとより、カタールやトルコ、安田さんを拘束したとみられる過激派組織ヌスラ戦線(現・シャーム解放委員会)が、それぞれどんな思惑で動いていたのか。今後も情報収集を重ね、分析を深めて教訓とすべきだ。

 そして何より、心に留めるべきことがある。

 現地には今なお、国際社会から見放された人びとが生きている。アサド政権が総攻撃を模索しているとも伝えられ、一人ひとりの生命が脅かされている。

 そのことに思いをはせ、シリアの現実から決して目を背けない。安田さんの志を、私たちも共有したい。

こんなニュースも