[PR]

 被告との接見を求めた弁護士に対し、拘置所が本人に確認しないまま「保護室に収容中」として拒否したことの違法性が争われた訴訟の上告審判決が25日、あった。最高裁第一小法廷(池上政幸裁判長)は「特段の事情がない限り違法」とする判断を示し、「適法だ」とした二審判決を破棄。「特段の事情」があるかを検討させる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも