[PR]

「そんなのどうでもいい」

 姉はぴしゃりと言った。「あのひとのことは、もう話したくないし、考えたくないし、あんたがしゃべってるのも聞きたくない」――早口にまくしたてて、じゃあね、と電話を切ろうとするのを、あわてて引き留めた。

「おふくろには、姉貴から言うの?」

「はあっ?」

 鼻にかかった甲高い声で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも