[PR]

 ■道を極める女形二人、絢爛の軌跡

 立花喜久雄ってえ男が『国宝』の主人公でありまして。長崎の極道の一門に生まれるも、15歳にして長崎を出ることになった。立花組の親分だった父親の権五郎が抗争で命を落とし、相手方の親分への敵討ちに及んだあげく、長崎にはいられなくなったという次第で。

 時は1964年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも