[PR]

 3本の弦が奏でる音色は、聴く人の心にしみわたる。あでやかにチントンシャン。荒ぶる心でベベン、ベン。虫の鳴き声から恋にゆれる心まで一丁の三味線で表現できるのだから奥が深い▼絶妙な響きのカギを握るのが、バチが触れる胴の部分だ。木製の枠に犬や猫の皮をはるのが最も音の鳴りがいい。業界の常識である▼神奈川県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも