(東京五輪物語)開幕まで2年:2 壊される路上ゴミ箱 きれいな街へ、清掃革命

有料記事

[PR]

 ■1964-2018-2020

 東京都台東区の浅草で、作業員が路上のゴミ箱を壊している。1962年、2年後の東京五輪を前に街をきれいにしようと呼びかけられ、ゴミ箱の撤去が進められた。

 当時は、路地裏にセメントや木材で出来た据え置きのゴミ箱があり、家の掃除で出たゴミなどが出されていた。だが、収…

この記事は有料記事です。残り851文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント