[PR]

 ■政治 中北浩爾(一橋大教授) 強制不妊、「公共の福祉」を乱用

 優生保護法による強制不妊手術の被害者が、重い口を開き、裁判を起こしている。藤野豊「“公益”に奪われた人権」(世界11月号)は、なぜこのような法律が、基本的人権を定めた日本国憲法のもとで1948年に制定されたのかを明らかにする。

 藤…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも