[PR]

 (14面から続く)

 ■1回、菊池弾&松山適時打

 この上ない、試合への入り方だった。一回1死、CS最終ステージで最優秀選手に輝いた2番菊池が、高めの直球を左中間席へ放り込んだ。「必死に打ちにいった」。先制ソロ本塁打に真っ赤に染まったスタンドが沸く。さらに3番丸が四球を選ぶ。続く鈴木の右前安打で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも