[PR]

 中国の人びとが豊かになるのを手伝う。どこか誇らしげな気持ちが当時の経済人にはあったのだろう。松下幸之助の言葉である。「私個人としてはできるかぎり応援せねばいかんなと思いました。応援するという言葉を使うことは、少し生意気かもしらんけれども」▼40年前の10月、中国のトウ小平副首相が来日し、松下電器産…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも