[PR]

 「文芸冬号」に掲載されている高橋源一郎さんと尾崎世界観さんの対談を読んだ。

 ふたりの創作にまつわる話がとても面白かった。

 ミュージシャンであり作家でもある尾崎さんは、対談のなかで、歌詞の場合は捨てるものがないと話す。一方で、小説では文章と文章を埋めるものが必要で、最初は戸惑ったという。

 その…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも