(議会改革をたどって:2)「このままでは見捨てられる」

有料記事

[PR]

 北海道栗山町が2006年につくった議会基本条例が議会改革の扉を開いた、と前回書いたばかりだが、予兆は1990年代後半から2000年代初めに始まっていた。舞台は宮城、三重、鳥取、高知などの県議会。いずれも「改革派」と呼ばれた知事がいる県ばかりだった。

 「このままでは議会の存在意義がなくなる。会派を…

この記事は有料記事です。残り1046文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。