[PR]

 幕末の志士で北海道の名付け親になった松浦武四郎(1818~88)。その生誕200年の今年、各地で記念の展覧会などが開催されている。

 最も大規模なのが、三重県総合博物館で開催中の「松浦武四郎――見る、集める、伝える」(11月11日まで、5日休み、北海道立帯広美術館へ巡回)だ。旅好きで収集癖があり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも