[PR]

 日本の科学史の中に特異な光を放つ博物学者・南方熊楠(みなかたくまぐす)は、1929年6月、昭和天皇が和歌山・田辺に行幸した際、ご進講をつとめた。生物学者でもあった昭和天皇は熊楠の粘菌研究に関心を抱いていたが、熊楠が天皇に最初に説明したのは粘菌ではなく、現地で「ウガ」と呼ばれる生き物の標本だった。ウ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも