[PR]

 京都の寺社など18カ所が参加する秋の京都非公開文化財特別公開(京都古文化保存協会など主催、朝日新聞社特別協力)が、1日始まる。京都市東山区の六道珍皇寺(ちんのうじ)では、ふだん非公開の薬師如来坐像(国重要文化財)が開扉される。

 薬師如来坐像は像高125.3センチ。平安時代の作で、端正で美しい顔立ちの像だ。

 特別公開は11日まで(一部期間が異なる)。1カ所あたり大人800円、中高生400円(東寺のみ異なる)。問い合わせは京都古文化保存協会(075・754・0120)。

こんなニュースも