[PR]

 伝説になりたい――。そんな思いで上京し、集団生活をしながら演劇での成功を夢見た7人の若者を描く「さよなら鹿ハウス」が上演される。劇団「鹿殺し」の丸尾丸一郎が、自伝的小説を自ら脚本にし、演出する。初めて書いた小説は、これまでかえりみることのなかったかつての仲間への感謝からうまれた。

 大阪出身の丸尾…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも