[PR]

 全長118メートル。長大な空間に千体もの千手観音立像が並び、金色の輝きを放つ。三十三間堂はいつも、訪れた者を圧倒し、魅了し、安らぎを与えてきた。

 この三十三間堂をこよなく愛したのが版画家で3年前に亡くなった木田安彦だ。

     *

 東寺近くで幼少期を過ごし、京都市立芸術大学を卒業。東京の広告…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも