[PR]

 「視覚障害者が、なぜ化粧をするんですか?」。そう聞かれると、自分のことのように腹が立つ。見ることはできなくても、キレイになりたい思いは同じ。「障害者である前に女性なんです」

 大阪市出身。公務員だった2007年、介助ボランティアで出会った女性は、20代で視力を失った。カバンの中には「もしも治ったら…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも