[PR]

 ▼1面参照

 転落して死亡するケースが各地で相次いでいる用水路事故。規模が小さく浅い場所でも危険は大きい。

 奈良県立医科大の羽竹勝彦教授(法医学)が2008~17年の10年間に県内の用水路で見つかった70人の遺体の解剖結果を分析すると、現場の水深の平均は約13センチだった。死因は、溺死(できし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも