(平成とは 取材メモから:64)テロのアメリカ:5 異論を述べる勇気

有料記事

[PR]

 2001年の同時多発テロ事件(ナイン・イレブン)の後、米社会は愛国心に包まれた。世論調査で9割の驚異的な支持率を得たブッシュ大統領は、「戦時大統領」のイメージを打ち立てた。

 国民の結束が叫ばれるとき、危うくなるのは政治権力に対する自由な批判である。

 01年10月2日の朝日新聞朝刊に私は「批判の…

この記事は有料記事です。残り595文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント