ラベンダーの香り、嗅いだら効果 脳活性化しリラックス 鹿児島大研究チーム

有料記事

[PR]

 ラベンダーの香りの主成分であるリナロールは、嗅覚(きゅうかく)を刺激して脳の神経回路を活性化し、リラックス効果をもたらすことがわかったと、鹿児島大の柏谷英樹講師らの研究チームが発表した。この香りは、既存の抗不安薬のような運動障害を起こさないため、より安全な薬の開発につながるという。

 リナロールは…

この記事は有料記事です。残り407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。