ガウランドの古墳研究に迫る 大英博物館所蔵品など、東京で展示

有料記事

[PR]

 大阪造幣局の「お雇い外国人」として来日し、「日本アルプス」の名付け親にもなった英国人ウィリアム・ガウランド(1842~1922)。その考古学者としての側面を紹介する「ウィリアム・ガウランドと日本の古墳研究」展が東京・神田駿河台の明治大学博物館で開催中だ。

 ガウランドは1872(明治5)年に着任す…

この記事は有料記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!