[PR]

 日本の着物がファッションに与えた影響を考察する「キモノ・リファッションド」展が、米国で始まった。京都服飾文化研究財団(KCI)が企画し、米国3都市を巡回する。19世紀後半に着物が海外で受容された様子や、現代のデザイナーたちが着物の形やモチーフ、素材など、様々な面から創作のヒントを得ていることがわか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも