[PR]

 季節は秋。雨上がりの静かな森で、貧しい農村の娘が恋人を待っている。やがて訪れた若者はつれないそぶり。「明日、都会に出る」のひと言で娘をあっけなく捨て去る。ロシアの作家ツルゲーネフの『あいびき』はこんな物語である▼明治21(1888)年、二葉亭四迷が訳して発表すると、たちまち文学青年たちの注目を集め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも