[PR]

 全日空子会社の男性機長が10月、飲酒の影響で予定していた5便に乗務できず、各便が遅延した問題で、機長が6日付で諭旨退職の懲戒処分を受けたことが分かった。全日空広報は「飲酒によって航空便を遅延させ、お客さまにご迷惑をおかけした一連の事情に鑑みた」としている。全日空によると、ANAウイングスの機長は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも